だれでも抱えるペニスの悩みを今すぐ解消させましょう


the man have Unhealthy

悩みについて

人は誰でもコンプレックスがあると言われています。

特に女性は胸、男性はペニスにコンプレックスを持つ人が多くおり、コンプレックを解消するためにクリニックで手術をする人が多くいます。 この性別特有のコンプレックスのなかでも多くの男性を悩ませているペニスについて説明していきます。 男性が悩むペニスのコンプレックスは包茎・短小・早漏の三大コンプレックスになります。 この三大コンプレックスでも特に多くの男性を悩ましているのが包茎です。 一口に包茎と言っても包茎には真性包茎・仮性包茎・カントン包茎の3タイプあります。日本人の成人男性の60%〜70%が仮性包茎、カントン包茎が15%、真性包茎が5%〜10%ほど居ると言われているほど実は包茎は珍しいことではないのです。

それではそれぞれの包茎について見ていきます。

包茎手術を受ける人の中で最も多いのが仮性包茎です。仮性包茎は治療に緊急性はありませんが、見た目の問題や衛生面から手術を行ったほうが良いとされています。 包茎手術で緊急性があり手術が必要なのは真性包茎とカントン包茎です。真性包茎とカントン包茎は、見た目はもちろん、通常の性交渉が困難であったり病気に罹る危険性が高まりますので早急な手術をオススメします。 包茎の手術は包茎専門のクリニックや美容外科、泌尿器科などで受けることが出来ます。包茎治療にかかる費用は泌尿器科で真性包茎の治療をした場合のみ保険適応されます。 費用の面では泌尿器科がお得ですが、手術の仕上がりは専門クリニックや美容外科の方が美しい仕上がりにしてくれますので、泌尿器科を選ぶか専門のクリニックや美容外科を選ぶのかは重要な選択です。

病院かクリニックか

男性特有の悩みでもある包茎の悩みですが、多くの人がその悩みを抱えているものです。包茎手術を行なって自身の悩みを解消することで毎日がより素晴らしいものになるでしょう。悩みを抱えているままでは自信も持つこともできず、暗い毎日です。包茎手術を行なって悩みを積極的に解消するようにしましょう。包茎手術を行なうことができるのは主に病院の泌尿器科と専門のクリニックになっています。どちらが良い、悪いというような優劣はなく、それぞれにメリットがあるのです。泌尿器科は手術に保険が適用されますが、クリニックではされません。しかし、手術の後の仕上がりはクリニックの方が綺麗なのです。病院は二万円から三万円。クリニックでは十万円から三十万円の料金が掛かります。